マスクの種類と選び方 > 手作りマスク(1)

手作りマスク(1)

新型インフルエンザが知れ渡った当初、マスクが市場から姿を消してしまい、インターネットのオークションなどで、かなり高値で取引されていましたね。
マスクが、新型インフルエンザの感染をかなりの確率で防いでくれるということでしたから、それも当然であったのかもしれません。
その時の教訓から、マスクは常に家に数枚、置いておくという習慣が身についた方もいらっしゃることでしょう。
しかし、流行りが過ぎてしまうとともに、もうそのようなことはすっかり忘れてしまう方々も大勢いらっしゃると思います。
この先も、いつであっても感染系のウイルスの驚異は考えられます。
そのために、ご自分でマスクを作れるということを覚えておくとよいかと思います。
そうです!
市販されている多くのマスクは、その見た目からもわかるように、非常に簡単な構造をしています。
ですので、かなりの不器用な方であっても、学生時代に習った家庭科の針仕事の経験だけで、なんとか作れるのではないかと思います。
もし、どうしても無理だという場合でも、お友達や知り合いのどなたかに頼むことくらいは出来るのではないでしょうか。
ガーゼはドラッグストアにいけばいくらでも売っていますし、不織布はラッピングの材料などを売っているショップに行けば、いくらでも買うことができます。
好みの柄の薄い生地を買ってきて、それを重ねたガーゼの一番表側にして作るのでも良いでしょう。
不織布であれば、色付きの可愛らしいものもあります。
時間のある時に作っておけば、新型インフルエンザのためではなくとも、いつでも使用することが出来ますよ。