FFP2マスク

一口にマスクと言いましても、非常にさまざまな種類があります。
よく見かけるマスクというのは、それだけ多くの方々が知っているものであり、ご近所のドラッグストアなどで気軽に買うことが出来るという利点がありますね。
一方、聞いたことのないような名前のマスクも、けっこうあると思います。
それぞれのマスクが、何かしらの特徴をもっているので、好みの物を選ぶと良いと思います。
今回は、そのようなあまり聞きなれないマスクの中の「FFP2マスク」の説明をしようと思います。
FFP2というマスクもやはり、高性能マスクのひとつであり、WHO推奨規格という優れ物でもあります。
形状は立体的なので、鼻の横に隙間が出来るということもありません。
そして、FFP2マスクにも、さまざまな種類があります。
たとえば、マスクの内部が、特殊な4重の構造フィルター(ウイルスや汚染物質などを遮断する不織布、そして、微粒子も遮断するという超微細な不織布、さらに、静電気を帯電した微細な不織布、湿気に対して耐久性のある不織布)になっているものであったり、高い防塵性能をも兼ね備えているものであったり、さらには、顔面への密着度を重視して作られたものなどがあります。
価格的には高価ですが、それ相応の機能を持っていますので、この先、新型インフルエンザやその他の新しいウイルスなどに対しても有効ではないかと考えられます。
新型インフルエンザの変異したウイルスにも、もちろん有効でしょう。