マスクの種類と選び方 > マスクの種類

マスクの種類

新型インフルエンザの感染を出来るだけ防ぎたいのは誰にとっても同じでしょう。
ただの風邪ですら、かかりたくないのに、それよりも強力だとされる新型インフルエンザにかかりたい人などいませんよね。
そのためにマスクが必要となるわけですが、マスクと一口に言いましても、いろいろな種類のものがあります。
しかも、新型インフルエンザ騒ぎによって、これまで一般人は必要としていなかったような非常にガードの固い医療レベルのマスクまでどんどん売れるようになったと言います。
実際、マスクにはどのような種類のものがあるのでしょうか。
まず、昔から誰もが知っているガーゼのマスクがありますね。
ガーゼを何枚も重ねて作られたマスクです。
今でもちょっとした風邪や花粉の飛び交う時期には、多く用いられています。
通気性がよく、洗って何度も使用できるのが特徴です。
最近、ガーゼマスクよりもよく見かけるようになったのは、不織布マスク、サージカルマスクと呼ばれているものです。
通気性が良いのに、フィット感も抜群ということで、グンと人気が上がってきました。
花粉の飛び交う時期にはよく見かけます。
新型インフルエンザへの対策として注目を浴び始めたのが、N95と呼ばれる医療用マスクや、ダチョウ抗体マスクと呼ばれるマスクです。
ウイルスの通り抜けをかなりの確率で阻止するといったことを謳っています。
次回は、これらさまざまなマスクがどのようなもので、どのような品質であるのかをお話しようと思います。