マスクの種類と選び方 > 感染が疑わしい方こそマスクを

感染が疑わしい方こそマスクを

新型インフルエンザが騒がれた当初、そしてそれ以降、マスクをしている方のほとんどが健康体の方々です。
そして、その健康体の方々が、感染予防のためにマスクを買いだめして、品切れ状態が発生したことも事実です。
もちろん、健康体の方々が感染予防のために、マスクをするのは当然のことですし、そうしたほうが良いに決まっているのですが、マスクが品切れ状態になることで、実際に感染が疑われる方々にマスクが行きわたらなくなっては本末転倒です。
真っ先にマスクをするべき方は、風邪のような症状を持ち、咳やくしゃみが激しい方々です。
実際に新型インフルエンザがかかっていると判断された方は、隔離されるのが普通ですから、咳やくしゃみが激しいかたは、新型インフルエンザではないか、もしくは、新型インフルエンザであるにもかかわらず、ただの風邪だと思いこんで医者に見せていないということが考えられます。
すなわち、ご自分では気づいていらっしゃらない方々です。
最初はこの日本でもやはり、このような方々から、感染が拡大していったのです。
ですから、咳エチケットのところでもお話しましたが、ご自分がどのような風邪であるのかわからずとも、とにかく咳やくしゃみがでたり、熱がでてしまったのなら、マスクを付けていただきたいのです。
マスクが品切れで手に入らなかった方が、そのような状態になることが最も危惧されます。
どんな方でも、感染の可能性はあります。
状況が落ち着いているときにこそ、マスクを買い置きしておくようにしてください。