マスクの種類と選び方 > ガーゼマスク

ガーゼマスク

新型インフルエンザの発症により、一時は市場からマスクが消えてしまうほど買い占められました。
その時に、マスクの効果についての非常にさまざまな推論や噂が飛び交いました。
いえ、それ以前よりいわゆる「風邪」に対してのマスクの効果についても色々な意見はありましたが、それほど真剣に考えていなかったのが実情ではないでしょうか。
それが、新型インフルエンザが発症してからというもの、誰もが真剣にマスクの効果について考えるようになったのです。
昔から、わたしたちが知っているマスクといえば、ガーゼで出来たマスクです。
ガーゼを何枚も重ねたような構造になっているもので、風邪で咳が出るような時には、よくそれをしたものです。
通気性が良く、息苦しさもありません。
このガーゼマスクは、最近の人気は下火なのですが、果たして新型インフルエンザに対して有効なのでしょうか。
新型インフルエンザの感染の多くは飛沫感染です。
実際のウイルスの大きさそのものはガーゼの目を通してしまうくらい小さいのですが、飛沫として飛び交っているウイルスは水分を含んでいるためやや大きくなっています。
ですので、ガーゼのマスクでも、ある程度の感染は防げるということになります。
また、新型インフルエンザの騒ぎによって、ガーゼのマスクでも、色々と工夫がなされ、かなり高性能なものも発売されるようになったのです。
ガーゼのマスクはしていても意味がないなどという意見も多いようですが、何もしないよりは、していたほうがずっと良いのです。