マスクの種類と選び方 > サージカルマスク

サージカルマスク

新型インフルエンザが発症する以前から、サージカルマスクはガーゼマスクに変わって人気を高めていたマスクです。
サージカルマスクとは、どのようなものかお分かりでしょうか。
不織布マスクとも呼ばれますし、医療用マスクと呼ばれることもあります。
このマスクは、新型インフルエンザ以前にも、花粉症の方がたがよく使用していたものでもあります。
ガーゼマスクと違って、使い捨てのマスクでもあります。
サージカルマスクもやはり通気性が良く、細菌も約95パーセントは通さないという実力を誇っています。
また、マスクの上部には、折り曲げが可能な金具が入っており、隙間が出来ないように鼻にあわせて折り曲げることが出来ます。
サージカルマスクは、ガーゼのマスクに比べて非常に大きく、顔の下半分をすっぽり覆うような大きさでもあります。
また、全体的に蛇腹のような作りになっていて、伸び縮みが自在にできるのも特徴です。
最近では、白だけでなく、色のついたものも発売されています。
ガーゼのマスクよりも、サージカルマスクのほうが人気があるのは、それだけウイルスを通さない確率が高いからだといえます。
しかし、市販されているマスクのどれもが100パーセント確実に新型インフルエンザを防げるわけではないですし、また、飛沫感染ではないところからの感染もあり得ますから、過信は禁物です。
外出時には、マスクもしっかりとしつつ、手洗いやうがいも忘れずにするべきでしょう。
新型インフルエンザが流行っていない時期でも、手洗いとうがいの習慣をつけておくとよいでしょう。