マスクの種類と選び方 > ウイルスはマスクの目を通るのか

ウイルスはマスクの目を通るのか

新型インフルエンザの感染を防ぐために、マスクが必需品だということであり、また、そのマスクも、品質の高いものから低いものまでいろいろとあるため、どのようなものが最適なのかがわからないということがあります。
そこで、新型インフルエンザのウイルスの大きさを考えてみましょう。
インフルエンザのウイルスそのものの大きさは、0.1ミクロン前後です。
しかし、咳やくしゃみなどによって体外に飛び出すインフルエンザウイルスの場合には、水分に覆われているため、5ミクロン程度の大きさになっているのです。
ですので、市販製品の主流である不織布で作られたマスク・・・たとえば、サージカルマスクなどもそうですが・・・であれば、5ミクロンの大きさを通さないので、単純に考えると、直接的な飛沫感染を防ぐことが出来るということになります。
また、医療用のN95マスクの場合であれば、0.3ミクロンまで通しませんから、これも大丈夫です。
ただし、ウイルスを含んでいる飛沫が、空気中にしばらくの間とどまり、その間に水分が蒸発して小さくなってしまいますから、これが空気中に浮遊し、マスクの目を通って吸い込まれる可能性もあります。
ただし、生体内以外の通常の環境では、ウイルスは長期間生存できないと言われていますから、とりあえずは飛沫感染が防げるだけでもマスクの効果はあるということになりますが・・・。
同様に、新型インフルエンザが流行している国からの輸入品に関しても、問題はないでしょう。
また、0.3ミクロン以下のものしか通さないしっかりしたマスクを付けていても、小鼻の脇の隙間などから通り抜けてしまうこともあり得ますから、注意をしてください。