マスクの種類と選び方 > 子供用のマスク

子供用のマスク

新型インフルエンザの感染が心配ということで、一時は、マスクが市場から姿を消してしまうほど売れたわけですが、そのときにマスクを購入なさった方々は、きちんとお子様用の小さめのマスクをも購入しましたでしょうか。
ガーゼのマスクですと、もともとが若干小さめに作られていますから、お子様にはやや大きめとなり、新型インフルエンザ対策としてはいいかもしれません。
しかし、サージカルマスクなどはどうでしょう。
一般的な大人の方であっても顔半分がすっぽりと覆われてしまうほど大きな作りになっているので、お子様には大きすぎるのではないでしょうか。
顔がすっぽりと覆われる程度でしたら良いのですが、それ以上に大きすぎる場合には、顔とマスクの間が隙間だらけになってしまい、マスクをしている意味が、ほとんどなくなってしまいます。
ですから、顔の大きさに合ったマスクを買うというのは非常に重要なことでもあるのです。
お子様用のサージカルマスクというのも、ちゃんと売っていますのでお子様にはちゃんとお子様用のマスクを買っておいてあげましょう。
また、N95などの立体型マスクも、お子様の顔にフィットするような大きさのものが発売されていますので、必ず、小さめの物を用意してあげてください。
お子様用となっていますが、お顔の小さい女性にも向いています。
マスクをすることは、非常に大事なことでもありますが、せっかくするのでしたら顔との隙間が少ないことにも注意を払うようにしてください。